トピックス一覧

2013.02.01

エサ=ペッカ・サロネン指揮 フィルハーモニア管弦楽団
ルトスワフスキ生誕100周年記念シリーズ「Woven Words」
ロンドンでの初日公演レポート

後藤 菜穂子(音楽ライター/在ロンドン)

日本ツアーを直前に控えたエサ=ペッカ・サロネンとフィルハーモニア管弦楽団だが、1月30日は、今シーズンのロンドンでのメイン・プロジェクトであるルトスワフスキ生誕100周年記念シリーズ「Woven Words(織りこまれた言葉)」が始動した。サロネンは生前ルトスワフスキと親交があり、作曲家としても深く敬愛しており、今回のプロジェクトは長年温めていた企画だという。

このシリーズを通じてフィルハーモニア管はルトスワフスキの7つの作品を取り上げる。第一弾の今回は、比較的初期の弦楽のための《葬送音楽》(1958年)で始まり、続いてピアニスト、クリスティアン・ツィメルマンによって初演された《ピアノ協奏曲》(1988年)がツィメルマン本人を迎えて演奏された。バルトークの没後10周年記念として構想された《葬送の音楽》は、きわめて厳格な書法で書かれていながら強く訴えかける力を持つ作品で、サロネンはしなやかかつ力のこもった指揮でフィルハーモニア管の誇るストリングスから豊潤な響きを引き出していた。《ピアノ協奏曲》ではとにかくツィメルマンが圧巻の演奏! 繊細なピアニズムからオーケストラと対等に渡り合うパワー、さらにヴィルトゥオジティまで要求される曲だが、 ツィメルマンは終始オーケストラとぴたりと息を合わせ、次々と移り変わる曲想を完璧に弾き切った。最後の音を弾き終わった瞬間、聴衆から思わず感嘆のどよめきが起こったほどであった。

プログラム後半のラヴェルの《ダフニスとクロエ》全曲においてもサロネンとフィルハーモニア管はパワー全開で、フィルハーモニア・ヴォイシズも加わり、バレエの物語が鮮やかに目に浮かぶような活き活きとした演奏を繰り広げた。ここでは管楽器奏者たちが大活躍、「パントマイム」のフルート独奏はもちろん、アルト・フルート、オーボエ、クラリネット、ホルンなどがそれぞれ魅惑的なソロを聴かせた。そして最後の「バッカナール」ではサロネンのパワーが炸裂、このコンビならではのダイナミックで切れのあるサウンドワールドを堪能できた。

このコンサートでの演目は日本ツアーでは演奏されないが、2月7日の東京オペラシティ公演は、日本ツアー中、唯一ルトスワフスキの作品 ─ 交響曲第4番 ─ が取り上げられる点で、サロネンとしてはフィルハーモニア管のルトスワフスキ・シリーズの一環と位置付けているのである。ロンドン公演のプレ・トークにおいてサロネンはルトスワフスキの音楽の魅力について「私たちが一般に音楽に求める旋律、和声、対位法、リズムといった諸要素を持ちながらその語法は新しく、表現は特異だがパワフルであり、まさに奇跡である」と語り、「私は今、この音楽を新しい世代の聴衆に広めたい」と力強く述べていた。ルトスワフスキの音楽に関してサロネンが稀代な解釈者であることを確信したコンサートであった。

(1月30日、ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール)




公演情報

2013年2月7日[木]19:00開演 コンサートホール
エサ=ペッカ・サロネン指揮
フィルハーモニア管弦楽団


公演詳細情報へ

[出演]

指揮:エサ=ペッカ・サロネン
ピアノ:レイフ・オヴェ・アンスネス
フィルハーモニア管弦楽団

[曲目]

  • ルトスワフスキ:交響曲第4番(1992)[ルトスワフスキ生誕100年記念]
  • ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番 ト長調op.58
  • ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調op.92

[料金]

S:¥15,000 A:¥12,000 B:¥9,000 C:¥7,000 D:¥5,000(全席指定・税込)【B〜Dは売切】

[チケットのお申し込み]

■東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999【公演当日17:00まで電話予約可能】
電話 10:00〜18:00/店頭 11:00〜19:00/月曜定休
インターネット予約 https://www.operacity.jp/contents/ticket/reserve/id/1515

■チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:176-340)http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1232947

■イープラス http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002018190P0050003P006001P0030013


*東京オペラシティArts友の会会員特典:チケット料金10%割引。
(割引でのお求めは東京オペラシティチケットセンターのみ)
*曲目、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。

公演に関するお問い合わせ:東京オペラシティ文化財団 03-5353-0770

 トピックス一覧へ戻る