B→C バッハからコンテンポラリーへ
208 松田理奈(ヴァイオリン)

チラシ拡大

日時:
2019年1月22日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

シャコンヌとパッサカリアを軸に、
情感豊かに紡ぐ世界。
バッハからコンテンポラリーの時代感を
感じ取るプログラム。

予定枚数終了

[東京オペラシティチケットセンター]
TEL.03-5353-9999

[出演]

松田理奈(ヴァイオリン)

[共演]
阪田知樹(ピアノ)*
中野公揮(ピアノ)**
伊藤悠貴(チェロ)***

[曲目]

  • ビーバー:《ロザリオのソナタ》から「パッサカリア」
  • 藤倉 大:Kusmetche(2013)
  • パーセル:シャコンヌ ト短調 *
  • ハルヴォシェン:パッサカリア ト短調 ***
  • ペルト:フラトレス(1980)*
  • 中野公揮:《Grassland》からChaconne(2016)**
  • 伝ヴィターリ:シャコンヌ ト短調 *
  • 武満 徹:悲歌(1966)*
  • J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 ニ短調 BWV1004

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売:8月25日[土](特典:10%割引)
「インターネット予約」会員優先発売:8月30日[木]
一般発売:9月1日[土]
[チケット取り扱い]

予定枚数終了

公演について


© Shigeto Imura

10代半ばですでにリサイタルを重ね、早くから脚光を浴びてきたヴァイオリニスト・松田理奈のB→C。バロック時代に生まれたシャコンヌの名曲たちと現代曲が、入れ替わり立ち現われていくプログラムを披露します!
今回のコンセプトについて彼女は「著しく変化する社会の中で、音楽は人々に不変さや深みを与えている。しかし、現代に生きる私達が感じるテンポと、バッハの時代に生きた人々が感じるテンポとでは、感覚の隔たりがあるに違いない。時代の流れを想像することはとても面白く、過去の楽曲と日々向かい合っていると当時の時間の流れや、感覚や環境の違いなどをたくさん想像します。そこで舞曲シャコンヌとパッサカリアを軸に、バッハからコンテンポラリーの時代感を感じ取ろう」と語っています。選んだ作品はどれも彼女の心にとても響く楽曲。そして時代や時間の流れを音楽空間で意識し、表現することは、人生の時間を長くヴァイオリンと共に歩んできた彼女が、まさに今やってみたい事でした。
リサイタルの最後に奏でるのはバッハのシャコンヌ。情感豊かに紡がれる音楽たちを奏者と聴きてが分かち合い、共鳴しあう面白さ、たっぷりとご堪能ください。

出演者プロフィール

松田理奈(ヴァイオリン)

Lina Matsuda, violin
© Shigeto Imura
1985年神奈川県出身。桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースで研鑽を積み、2006年ドイツ・ニュルンベルク音楽大学に編入。1999年に初ソロリサイタルを開催した後、2001年第10回日本モーツァルト音楽コンクールヴァイオリン部門第1位、同コンクール史最年少優勝。2002年にはトッパンホールで「16才のイザイ弾き」というテーマでソロリサイタル開催。2004年第73回日本音楽コンクール第1位、2007年にはサラサーテ国際コンクールでディプロマ入賞。2013年新日鉄住金音楽賞受賞。これまでに国内の主要オーケストラに加え、ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団、スーク室内オーケストラ、ヤナーチェク・フィルハーモニー室内管弦楽団、ベトナム交響楽団など数々のオーケストラや著名指揮者と共演。2006年ビクターより『ドルチェ・リナ』をリリース。全国ツアーを各地完売で沸かせた後、2008年に『カルメン』、2010年には清水和音とライブ収録した『ラヴェル・ライブ』をリリースした。同年収録のイザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ全曲集は、レコード芸術誌上にて特選盤に選ばれた。2018年5月、ブラームスとフランクのソナタを収録した5枚目のアルバムをリリース。

*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる