B→C バッハからコンテンポラリーへ
207 高野麗音(ハープ)

チラシ拡大

日時:
2018年12月18日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

フランスで生まれたハープ音楽、
そしてハーピストと深い関わりのある作曲家たち。
ハープがつなぐ、さまざまな魅力を味わえる一夜。

インターネット予約

[東京オペラシティチケットセンター]
TEL.03-5353-9999

[出演]

高野麗音(ハープ)

[共演]
森川公美(フルート)*

[曲目]

  • J.S.バッハ:フランス組曲第6番 ホ長調 BWV817
  • コンスタン:アルパリセ(1980)
  • ダマーズ:シシリエンヌ・ヴァリエ(1966)
  • 台信 遼: 円柱 ─ ハープのための(2009/11)
  • 武満 徹:海へⅢ ─ アルト・フルートとハープのための(1989)*
  • ホリガー:前奏曲、アリオーソとパッサカリア(1987)
  • サルセード:バラード op.28
  • フォーレ:即興曲 op.86

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売:8月25日[土](特典:10%割引)
「インターネット予約」会員優先発売:8月30日[木]
一般発売:9月1日[土]
[チケット取り扱い]

インターネット予約

公演について


© Mami Yasui

紀元前まで遡れるほど古い歴史をもつハープが、現在主流のダブルアクションハープに改良されたのは1810年頃のフランスでした。当時から新たなハープ作品の創作や演奏の発展に寄与してきたパリ国立高等音楽院で学びたいと、高野麗音は21歳の時にフランスへ。彼女が“自分の得意分野”と自負する現代曲と日常的に触れることになったのも、この留学がきっかけでした。
「ハーピストとの深い関わりをもつ作曲家。またはハーピストとの綿密な共同作業により生まれた作品」が集められたB→C。バッハは彼女の使用楽器の明るい音色とマッチする《フランス組曲第6番》を。コンスタンの《アルパリセ》はギリシャ神話に登場する王女の名で、さまざまな特殊奏法が効果的に取り入れられ、見ても聴いても飽きない作品です。名ハーピストを母にもつダマーズ。ハープ特有の身振りから着想された素材や、高音の硬質な響きとトレモロが効果的に使われている台信遼の《円柱》。アルト・フルートとハープの独特の響きを活かした武満作品。共演を機にホリガー本人から「ぜひ弾いてみて」と彼女に贈られた一曲。多彩な作風でハープ音楽のレパートリー増加の一躍を担ったサルセードの名曲や、ハープとフランス音楽特有の和声感との親和性が感じ取れるフォーレまで、ハープの幅広い魅力を余さずお届けします!

出演者プロフィール

高野麗音(ハープ)

Reine Takano, harp
© Mami Yasui
1984年埼玉県出身。10歳よりハープを始める。東京藝術大学附属音楽高等学校卒業。東京藝術大学音楽学部を経て2005年パリ国立高等音楽院に審査員満場一致で合格、2010年同大学院修士課程を首席で修了。日本ハープコンクールでは2002年アドヴァンス部門優勝をはじめ、各部門で入賞。2005年フランス・リリーラスキーヌコンクールシニア部門第3位。2007年アメリカインターナショナルハープコンペティション入賞。2008年フランス・パリ国際ハープコンクール最高位。2006年以降4年間ローム ミュージック ファンデーションの奨学金を得る。ソリストとしての活動をはじめ、室内楽やオーケストラ、新曲の発表などに積極的に参加。広島交響楽団、群馬交響楽団と共演。これまでに景山真菜、木村茉莉、渡邊萬里、イザベル・モレッティの各氏に師事。
*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる