B→C バッハからコンテンポラリーへ
204 守岡未央(トランペット)

チラシ拡大

日時:
2018年9月18日[火]19:00
会場:
リサイタルホール     ホールへの行き方

2015年日本音楽コンクールの優勝者。
美しく輝かしい音色、
真摯に紡ぐ表現力が魅力の若きホープ。

  • 【アンコール曲】 ・久石譲:映画「天空の城ラピュタ」より「ハトと少年」
    ・J.S.バッハ:G線上のアリア

[出演]

守岡未央(トランペット)

[共演]
松下倫士(チェンバロ/ピアノ)*
金子鈴太郎(チェロ)**

[曲目]

  • シュテルツェル/J.S.バッハ:御身がともにあるならば BWV508 */**
  • J.S.バッハ:協奏曲 ニ長調 BWV972 */**
  • アルビノーニ:5声のソナタ ト短調 op.2-11 */**
  • テレマン:トランペット協奏曲 ニ長調 TWV51: D7 */**
  • エネスク:レジェンド *
  • ボザ:バディナーゼ(1950)*
  • ラフマニノフ:《12のロマンス》op.21 から「ここは素晴らしい場所」*
  • 松下倫士:Magic hour(2018、守岡未央委嘱作品、世界初演)
  • スノウ:冬(1999)*

  • チケット情報
  • 公演について
  • 出演者プロフィール
  • インタビュー

チケット情報

[料金]全席自由
¥3,000(税込)
[チケット発売日]
Arts友の会優先発売:5月12日[土](特典:10%割引)
「インターネット予約」会員優先発売:5月17日[木]
一般発売:5月19日[土]
[チケット取り扱い]

公演について


© Mitsuhiro KOJIMA

美しく輝かしい音色と、真摯に紡ぎだす表現力をたっぷり味わってほしい。2015年の日本音楽コンクール優勝者、守岡未央の演奏を聴くと、そんな気持ちが強く湧いてきます。
「私の中でトランペットの神様といえば、モーリス・アンドレ。あんな風に優雅にピッコロトランペットを演奏するのが目標でした。今回のリサイタルをきっかけにバロックや古典派の作品をより深く学びたいと思い、選んだプログラムです」と語るように、前半のバロック作品はピッコロトランペットをメインに、チェロ、チェンバロのトリオという、こだわりの編成でアプローチ。かねてより高く評価されてきた、彼女のピッコロトランペットの演奏も、今回の大きな聴きどころです。
一転、エネスク作品から始まる後半は、さまざまな情緒が呼び起される素敵な作品たち。加えて今回の共演者であり、前半4曲の編曲も手掛けた松下倫士による新作の無伴奏曲は、彼女をイメージし描く作品になるとか…。
音色は人それぞれ全くちがい、奏でる人の個性をもっとも強く表わすもの。彼女もまた作品の背景をくみ取りながら、自分にしか作れない音色でトランペットの魅力をお届けします!

出演者プロフィール

守岡未央(トランペット)

Mio Morioka, trumpet
© Mitsuhiro KOJIMA
埼玉県出身。2011年武蔵野音楽大学音楽学部ヴィルトゥオーソ学科卒業。同大学卒業演奏会に選抜される。2006年第7回日本ジュニア管打楽器コンクール高校生トランペット部門銅賞。2007年第4回音大生のための津堅コンクール入選。2011年第81回読売新人演奏会、第27回ヤマハ管楽器新人演奏会、武蔵野音楽大学新人演奏会に出演。2012年第81回日本音楽コンクール入選。2014年第12回東京音楽コンクール金管部門第3位及び聴衆賞(1位なし)受賞。2015〜17年Music Program TOKYO まちなかコンサート出演。2015年第84回日本音楽コンクール第1位及び岩谷賞(聴衆賞)、E.ナカミチ賞受賞。東京文化会館モーニングコンサートVol.97、守岡未央トランペットリサイタル(紀尾井ホール)出演。これまでトランペットを佛坂咲千生、室内楽を戸部豊の各氏に師事。東京フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、アンサンブル of トウキョウとソリスト共演。現在、洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団団員。ECOPETS、ザ・トランペットコンサート各メンバー。

インタビュー


© Mitsuhiro KOJIMA
守岡未央

美しく輝かしい音色と、真摯に紡ぎだす表現力が魅力のトランペット奏者 守岡未央。トランペットを始めたきっかけや恩師との出会い、今回のプログラムの聴きどころ、「食べることが大好きな宇宙人(笑)」という自身のキャラクターなどについて、メールインタビューで語っていただきました。

高校生の時から佛坂咲千生氏に師事されていましたが、早くからプロの演奏家を目指していたのですか?

中学からトランペットを始めましたが、佛坂先生と出会ったのは、高校1年生の時です。
「音大受験を考えていた先輩が佛坂先生のレッスンを受けに行くので、あなたもついて行きなさい」と、吹奏楽部の顧問の先生に言われるがまま、楽器を持ってN響の練習場へ向かいました。基礎的なことをわかりやすく、とても優しく教えて頂いたことを今でも覚えています。
音大受験を意識したのは、高3の夏。コンクールが終わり、いよいよこの先どうするか…と考え始めてから、また佛坂先生のもとに定期的にレッスンを受けに行き始め、入学した武蔵野音大でも師事しました。大学時代は、自分が上手くいったなと思った試験でも、いつも「0点」と言われていました。そんな先生が、私が1位を頂いた第84回日本音楽コンクールの結果が出た後、喜んでくださっている姿を見れたことは、どんな賞を頂くよりも嬉しく思えました。

余談ですが、そもそもはオーボエを吹きたかったとか…。

はい。心躍らせながら中学校へ入学して、吹奏楽部で絶対オーボエをやりたいと思っていました(笑)。たまたま一年先輩に、現在、都響首席オーボエ奏者の鷹栖美恵子さんがいらっしゃって、体験入部の時も手取り足取りオーボエの吹き方を習ったのですが、人数の関係でオーボエは取らないと…。その時手渡されたのがトランペットでした。
もちろん、今ではB♭管のトランペットをはじめ、調違いのピストン楽器、ロータリートランペット、コルネット、ピッコロトランペット、フリューゲルホルンなど何種類もの楽器を1人で演奏できて、全て音色が違うトランペットの魅力を味わうたびに、夢のようだなあと思っています!

守岡さんは特にピッコロトランペットの音色の美しさが高く評価されています。

私の中でトランペットの神様といえばモーリス・アンドレ。そのアンドレがピッコロトランペットを使ってオーボエの名曲を演奏しているCDを沢山残していて、自分のやりたかった楽器の曲を演奏できるピッコロトランペットに対してとても興味を持ち、勉強してきました。
まだ得意と言い切れませんが、色々な経験を踏まえ、演奏する楽しみを感じています。

それでは、今回のプログラムの主な聴きどころを教えて下さい。

前半はバロック、後半は近現代というプログラム構成にしました。
前半でお聴き頂くトランペット、チェロ、チェンバロというトリオは、あまり耳にする事のない編成だと思います。バロック時代はナチュラルトランペットが主流ですが、今回はトランペットのために書かれた作品ではない曲もあり、演奏上の都合もふまえてB♭管やピッコロトランペットで演奏することにしました。特に思い入れのある曲はテレマンですね。大学生になり、「ピッコロのレパートリーはコンクールに必ず出てくるからやっておいたほうがいい」と佛坂先生に言われ、初めてチャレンジした曲がこのテレマンのコンチェルトでした。今まで何度も演奏してきましたが、チェンバロ、チェロとのトリオで演奏するのは初めてなので、私自身とても楽しみにしている一曲です。
後半はトランペットのための作品や、共演者の松下さんが私をイメージして書いてくださる新作など、全体を通してとても楽しんでいただけるプログラムになっています。松下さんは新進気鋭の作曲家でありピアニスト。特に吹奏楽の世界では知らぬ者はいないぐらい有名な方で、無伴奏曲を委嘱しました。松下さんには前半4曲の編曲もお願いしています。

さまざまな演奏経験を重ねるなかで、守岡さんがこだわっていること、興味を持っているのはどんな事でしょう?

音色ですね。音色は人それぞれ全然違うので、一番の武器にできるようにならなければ…と思う様になりました。
それから、例えばコンクールで同じ曲を吹いていてもアピールの仕方が違うように考え方も違って、「その人の良さを引き出すためにこんなアプローチの仕方もあるのか?!」とか、もちろんオーケストラで演奏している時も、「チェロはどんな風に弾いているんだろう? コンサートマスターはどのような音楽を感じ取っているのだろう?」などなど、周りの奏者に対してもいつも興味津々です。

ちなみに、素顔の守岡さんはどんな方なのでしょうか?

演奏を聴いていただければ、私がどんな人物なのかすぐにわかっていただけるかと思います(宇宙人ぶりが…笑)。食べる事が大好きな、ちょっと宇宙人の大きな小動物みたいなキャラクターです。
ちなみに高校は「美味しいものを食べられたらいいなあ〜」と食物科に進学したんです。調理師試験のための実習や勉強を日々積み重ねたりもしましたが、料理するより食べる方が好きです(笑)。

最後にメッセージをどうぞ。

作品の背景を汲み取りながら、私らしいリサイタルができるよう準備していますので、ぜひ足を運んでいただければ幸いです。会場でお待ちしております。

*曲目、演奏曲順、出演者等は、変更になる場合がございますのでご了承ください。
*就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
*ネットオークション等での営利目的の転売はお断りします。


主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる