2012年度主催公演

2012年度
東京オペラシティ文化財団 主催公演一覧

コンポージアム2012-細川俊夫を迎えて-

2012年5月24日[木]19:00 コンサートホール 〈コンポージアム2012〉
細川俊夫の音楽
(2/24[金]一般発売)

    • 準・メルクル(指揮)[2、4]
    • 宮田まゆみ(笙)[1、3]
    • 半田美和子(ソプラノ)[4]
    • 藤村実穂子(メゾソプラノ)[4]
    • 東京音楽大学合唱団[4]
    • NHK交響楽団[2、4]
  • 細川俊夫:
    光に満ちた息のように ─ 笙のための(2002)[1]
    夢を織る ─ オーケストラのための(2010)[日本初演][2]
    さくら ─ 笙のための(2008)[3]
    星のない夜 ─ 四季へのレクイエム
    ─ ソプラノ、メゾソプラノ、2人の語り手、混声合唱とオーケストラのための(2010)[日本初演][4]
公演詳細情報へ
準・メルクル © MDR Axel Berge

準・メルクル
© MDR Axel Berge

宮田まゆみ

宮田まゆみ

半田美和子

半田美和子

藤村実穂子

藤村実穂子

1970年代以後のヨーロッパ現代音楽シーンの中で、日本、西欧、自然、人間、ヒロシマといったテーマとともに自己の在り方を問い続けてきた細川俊夫の音楽は、峻厳な響きとともに、まるで無と豊饒を同時に映し出すかのような深みをたたえ、聴衆に常に強い印象を与えます。今回のコンサートでは、ここ数年欧米の楽団などの委嘱により集中的に発表している作品群から、「夢の記憶を音楽で織りなおす作曲作業」(作曲者)だったというオーケストラ曲《夢を織る》と、四季の移ろいに人間が繰り返す災い―ドレスデン空襲と広島への原爆投下―を重ね合わせたオラトリオ《星のない夜》という2曲の日本初演を、美しい笙独奏曲とともにお届けします。豪華かつ強力な演奏布陣による、細川俊夫の音楽の現在(いま)を体験してください。

2012年5月27日[日]15:00 コンサートホール 〈コンポージアム2012〉
2012年度武満徹作曲賞 本選演奏会
(2/24[金]一般発売)

    • 審査員:細川俊夫
    • 十束尚宏(指揮)
    • 東京フィルハーモニー交響楽団
  • [ファイナリスト(エントリー順)]
    フェデリコ・ガルデッラ(イタリア):Mano d'erba
    イオアニス・アンゲラキス(ギリシャ):une œuvre pour l'écho des rêves (II)
    木村真人(日本):私はただ、寂黙なる宇宙に眠りたい
    薄井史織(日本):笑い
公演詳細情報へ
十束尚宏 © E.Miyoshi

十束尚宏
© E.Miyoshi

「武満徹作曲賞」は、ただ一人の作曲家が審査員をつとめるというユニークさと、受賞者のその後の活躍などにより、今や世界的に知られている、若い世代のための作曲コンクールです。14回目となる2012年の審査員は細川俊夫。31カ国から集まった90曲の応募作品の中から、細川自身による譜面審査の結果選ばれた4作品が演奏され、賞が決定されます。

2012年6月19日[火]19:00 コンサートホール スウェーデン放送合唱団 (2/24[金]一般発売)

  • ペーター・ダイクストラ(指揮)

    • ヤン・サンドストレム:ヘラジカの歌
    • マントゥヤルヴィ:《天体の組曲》より抜粋
    • アルヴェーン:夕べ
    • ヴィカンデル:春の夕べ
    • アルヴェーン:そして乙女は輪になって踊る
    • ヤン・サンドストレム:山風の歌
    • ラフマニノフ:《晩祷》より第1〜9曲
公演詳細情報へ
ペーター・ダイクストラ © BR/Frank Bauer

ペーター・ダイクストラ
© BR/Frank Bauer

人間の声は、かくも美しい。無伴奏合唱芸術の極致。

スウェーデン放送合唱団は、数々のコンサートや録音、オーケストラとの共演などを通じ、名実ともに世界最高のコーラスの一つとして知られています。メンバーは32名。エリック・エリクソンやトヌ・カリユステといった優れた指揮者の後を継いだ俊英ペーター・ダイクストラのもと、2010年の来日公演でも、圧倒的な技量と美しさで感動を呼びました。今回の東京オペラシティ公演では、北欧合唱名曲選とともに、ラフマニノフの宗教的大作《晩祷(徹夜祷)》から9曲を上演します。民族性を超越した普遍的で巨大な祈りの空間とも言うべきこの名曲を、スウェーデン放送合唱団で聴く。その期待に胸を躍らせる音楽ファンはきっと多いことでしょう。

スウェーデン放送合唱団

スウェーデン放送合唱団

2012年7月4日[水]19:00 コンサートホール アストル・ピアソラ没後20年記念
《ブエノスアイレスの四季》
(2/25[土]一般発売)

    • パブロ・シーグレル(ピアノ/指揮/作曲/編曲)
    • パブロ・シーグレル・フェスティバル・オーケストラ
  • 【第1部】
    シーグレル:《ブエノスアイレス組曲》より「アスファルト」
    ピアソラ:天使の序章
    ピアソラ:イマヘネス676
    コビアン:郷愁
    ピアソラ:リベルタンゴ
    ピアソラ:忘却
    ピアソラ:《ブエノスアイレスのマリア》より「フーガと神秘」
    【第2部】
    ピアソラ:《ブエノスアイレスの四季》(P.シーグレル版 日本初演)
公演詳細情報へ
アストル・ピアソラ

アストル・ピアソラ

パブロ・シーグレル

パブロ・シーグレル

ピアソラ五重奏団でピアニストとして活躍し、現在も世界の舞台で聴衆を魅了する巨匠パブロ・シーグレル。
メモリアルな日、ピアソラの名曲を斬新なアレンジで聴く!

2012年7月4日、アルゼンチンの作曲家/バンドネオン奏者であるアストル・ピアソラが没後20年を迎えます。本企画は、ピアソラ五重奏団で10年間ピアニストとして活躍し、現在、ニューヨークを拠点に世界で活躍する作曲家/編曲家/ピアニストのパブロ・シーグレルによる記念演奏会です。ピアソラと一緒に何度も来日し、熱狂的なファン層が世代を超えて存在する彼は、かつてピアソラの作品をオルフェウス室内管弦楽団のためにアレンジし、新しいタンゴを模索するそのスタイルで世界中から高く評価されました。そして、2011年8月に同管弦楽団のために《ブエノスアイレスの四季》を新たにアレンジし世界初演しました。その《ブエノスアイレスの四季》(日本初演)をメインに、この日のために特別編成した「パブロ・シーグレル・フェスティバル・オーケストラ」の演奏でお楽しみいただきます。

2012年 7月30日[月]14:00 コンサートホール
2012年 7月31日[火]14:00 コンサートホール
「音楽の絵本」
ズーラシアンブラス&弦うさぎ
(5/18[金]一般発売)

    • ズーラシアンブラス(金管五重奏)
    • 弦うさぎ(弦楽四重奏)
公演詳細情報へ
ズーラシアンブラス&弦うさぎ © 大窪道治

ズーラシアンブラス&弦うさぎ
© 大窪道治

子供に人気の愛らしいアンサンブル! 奏者は正真正銘のプロフェッショナル

毎年爆発的な人気のズーラシアンブラスと弦うさぎが今年もやって来ます。よこはま動物園ズーラシアのマスコットキャラクターとして誕生し、「子どもたちの音楽への興味を沸き起こし、これから花開く可能性を持った素晴らしい感性の導火線に火をつけること」を目的として活動するズーラシアンブラスとその仲間のうさぎたち。見た目はユーモラスですが、実力は折り紙つき。それもそのはず、マスクの中はいずれもプロオーケストラ等で活躍する演奏家たちなのです。家族で楽しめるコンサートとして今回も人気を集めることでしょう。

2012年8月26日[日]15:00 コンサートホール 侍BRASS 2012 (5/19[土]一般発売)

中川英二郎(トロンボーン/楽団長)
エリック・ミヤシロ/辻本憲一/山本英司/三澤 慶(トランペット)、森 博文(ホルン)、野々下興一(トロンボーン)、齋藤 充(ユーフォニアム)、次田心平(テューバ)、齋藤たかし(パーカッション)

(出演メンバーは変更になる場合があります。)


公演詳細情報へ
侍BRASS 撮影:堀田力丸

侍BRASS
撮影:堀田力丸

オリジナル曲も大評判! ジャンルを超えた凄腕プレーヤーたちによるブラスアンサンブル。

2006年のデビューコンサート以来、毎年大盛況。パワフルかつ洗練された演奏で聴衆を魅了するスーパーアンサンブルです。オリジナル作品、名曲、新編曲を取り混ぜ、楽譜出版やCDリリースも含めた多角的な展開で、アマチュアのブラス奏者たちの心をつかんで放しません。スタジオ、ジャズのトップ奏者とオーケストラのトッププレーヤーたちが結集した「侍BRASS」は、ブラスアンサンブルの新たな可能性を追求し続けます。その巧さと楽しさは、ブラスファンのみならず、誰もが楽しめること間違いなし。2012年夏、東京オペラシティでの彼らの新たな挑戦にご期待ください。

2012年9月1日[土]15:00(終演予定18:15) コンサートホール [東京オペラシティ コンサートホール開館15周年記念公演]
フェデリコ・モンポウ《インプロペリア》
〜ひそやかな祈りのために〜
(4/20[金]一般発売)

  • アントニ・ロス・マルバ(指揮)
    村治佳織(ギター) 遠藤真理(チェロ) 三浦友理枝(ピアノ)
    鈴木優人(オルガン) 幸田浩子(ソプラノ) 与那城敬(バリトン)
    新国立劇場合唱団 東京フィルハーモニー交響楽団
    司会:加藤昌則/村治佳織

  • 【第1部】
    モンポウ:
    歌と踊り 第13番(1972)
    コンポステラ組曲(1962)
    (1976)
    【第2部】
    モンポウ:
    内なる印象(1911-1914)
    歌と踊り 第15番(1972)
    魂の歌(1962-1966)
    【第3部】
    モンポウ:
    《郊外》より「街道、ギター弾き、老いぼれ馬」[ロザンタール版](1916/1936)
    夢のたたかい[ロス・マルバ版](1965/2004)
    インプロペリア[マルケヴィッチ版](1963/1968)
公演詳細情報へ
フェデリコ・モンポウ (1955年撮影)

フェデリコ・モンポウ
(1955年撮影)

ピアノ曲で名高い作曲家、没後25年のモンポウの知られざるオーケストラ作品を聴く!

「スペイン(カタロニア)の作曲家、フェデリコ・モンポウ(1893-1987)の没後25年となる記念の年に、彼の初期から晩年までの様々な作品を通して、モンポウの芸術を知る企画です。彼のピアノ曲は有名ですが、オーケストラを使用した知られざる名曲もあります。それが彼独特の詩的な世界が昇華したオラトリオの《インプロペリア》(日本初演)です。作曲中、尊敬する作曲家・プーランクが他界し、深い悲しみと祈りの境地で書いたこの作品は1964年に初演されました。再演時には、モンポウの友人でスペイン放送交響楽団(RTVE)の首席指揮者・イーゴル・マルケヴィッチが、オーケストレーションについてモンポウに助言しました。今回はこのマルケヴィッチ版の《インプロペリア》をメインに、ギタリスト・セゴビアに贈られた《コンポステラ組曲》、モンポウ最初期のピアノ作品《内なる印象》、プーランクが感動のあまり3度続けて演奏を求めた歌曲「君の上には花ばかり」(詩:ジョゼップ・ジャネス)を含む《夢のたたかい》など、モンポウの傑作を一挙にご紹介します。ソリストは全て東京オペラシティリサイタルシリーズB→C(ビートゥーシー|バッハからコンテンポラリーへ)経験者の若手実力派。作曲家の加藤昌則とギタリストの村治佳織が司会を務め、分かりやすく解説を加えながらお楽しみいただく予定です。

2012年10月14日[日]15:00 コンサートホール [東京オペラシティ コンサートホール開館15周年記念公演]
バッハ・コレギウム・ジャパン
メンデルスゾーン《パウルス》
(6/29[金]一般発売)

    • 鈴木雅明(指揮)
    • 澤江衣里(ソプラノ) 布施奈緒子(アルト)
    • 藤井雄介(テノール) ドミニク・ヴェルナー(バス)
    • バッハ・コレギウム・ジャパン(合唱と管弦楽)
    • メンデルスゾーン:オラトリオ《パウルス》op.36
公演詳細情報へ
鈴木雅明 © Marco Borggreve

鈴木雅明
© Marco Borggreve

鈴木雅明とBCJが満を持して挑む、メンデルスゾーン畢生の大作。

《パウルス》は、ユダヤ教からキリスト教に改宗したパウルを題材にしたオラトリオで、オペラを書かなかったメンデルスゾーンにあっては最大規模の劇的作品です。J.S.バッハの音楽の再発見者であるメンデルスゾーンへの共感をかねてより示してきた鈴木雅明にとって、念願の演目であり、音楽ファンにとっては、日本では上演機会の少ない同曲を最高水準の演奏で鑑賞できる貴重なチャンスとなることでしょう。

2012年12月4日[火]19:00 コンサートホール
2012年12月5日[水]19:00 コンサートホール
コリン・カリー・グループ
ライヒ《ドラミング》ライヴ
(8/31[金]一般発売)

    • コリン・カリー・グループ[1-4]
    • シナジー・ヴォーカルズ[3、4]
    • ゲスト:スティーヴ・ライヒ[1]
  • スティーヴ・ライヒ:
    クラッピング・ミュージック(1972)[1]
    ナゴヤ・マリンバ(1994)[2]
    マレット楽器、声とオルガンのための音楽(1973)[3]
    ドラミング[全曲](1970-71)[4]
公演詳細情報へ
スティーヴ・ライヒ © Wonge Bergmann

スティーヴ・ライヒ
© Wonge Bergmann

コリン・カリー © Marco Borggreve

コリン・カリー
© Marco Borggreve

新世代の精鋭たちによる《ドラミング》登場。ライヒも来日。

ジャンルを超えて尊敬と人気を集める現代作曲界のスーパースター、スティーヴ・ライヒ。2008年度武満徹作曲賞審査員として来日した際の自作演奏会でも、2日間にわたり満員の聴衆を集めて熱狂を呼び起こしたのも記憶に新しいところです。

彼がアフリカ音楽に影響を受けて1971年に作曲した《ドラミング》は、打楽器による果てしない合奏が続く約1時間の大作で、やはりライヒの代表作である《18人の音楽家のための音楽》と並ぶ、超人気作です。長く「スティーヴ・ライヒ&ミュージシャンズ」の独壇場だったこの難曲に、近年、新しい世代が目覚ましい成果をあげており、中でも、イギリスの若きパーカッショニスト、コリン・カリーと彼の仲間による演奏は、ライヒの絶賛と信頼を獲得し、今や彼らの"持ち曲"と言えるほどの完成度を誇ります。その「コリン・カリー・グループ」の《ドラミング》プロジェクトが日本上陸です。1996年スティーヴ・ライヒ&ミュージシャンズ来日公演での上演から16年。ライヒが見守る新たな《ドラミング》全曲上演は、打楽器アンサンブルのコンサートとしては異例なほどの注目を浴びるでしょう。

コリン・カリー・グループとシナジー・ヴォーカルズ © Debbie Scanlan

コリン・カリー・グループとシナジー・ヴォーカルズ
© Debbie Scanlan

2013年1月11日[金]19:00 コンサートホール 東京オペラシティ・ニューイヤー・ジャズ・コンサート 2013
山下洋輔プロデュース
挾間美帆のジャズ作曲家宣言!
(10/20[土]一般発売)

    • 挾間美帆(作・編曲、ピアノ、指揮)
    • 東京フィルハーモニー交響楽団
    • 山下洋輔(プロデュース、ピアノ)
  • 第1部
    山下洋輔(挾間美帆編曲):Selections from "CANVAS in QUIET"
    第2部
    挾間美帆:Suite "Space in Senses"(世界初演)
公演詳細情報へ
挾間美帆

© Miho Aikawa

挾間美帆
© Miho Aikawa

山下洋輔 撮影:島崎信一

山下洋輔
撮影:島崎信一

新春恒例!山下洋輔プロデュース。

2008年ニューイヤーで初演された、山下洋輔のピアノ・コンチェルト第3番《エクスプローラー》のオーケストレーションを担当し一躍注目を集めた挾間美帆を全面フィーチャーします。当時音楽大学3年生だった挾間は、このコンサートをきっかけに作編曲家として活動の場を拡げました。2012年夏には留学していたマンハッタン音楽院大学院を優等で卒業し、デビュー・アルバムをレコーディング。そして迎える2013年新春、自身の才能に加えニューヨークでノウハウと経験を積んだ「ジャズ作曲家」として新作を発表し、さらに指揮とピアノ演奏も披露。鮮烈なデビュー・コンサートを飾ります。

2013年2月7日[木]19:00 コンサートホール エサ=ペッカ・サロネン指揮
フィルハーモニア管弦楽団
(9/21[金]一般発売)

    • エサ=ペッカ・サロネン(指揮)
    • レイフ・オヴェ・アンスネス(ピアノ)
    • フィルハーモニア管弦楽団
    • ルトスワフスキ:交響曲第4番(1992)[ルトスワフスキ生誕100年記念]
    • ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番 ト長調 op.58
    • ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 op.92
公演詳細情報へ
エサ=ペッカ・サロネン © KASSKARA/DG

エサ=ペッカ・サロネン
© KASSKARA/DG

レイフ・オヴェ・アンスネス © Felix Broede licenced to EMI Classics

レイフ・オヴェ・アンスネス
© Felix Broede licenced
to EMI Classics

サロネン入魂のルトスワフスキ&ベートーヴェン。

東京オペラシティへは、オープニングシリーズの「リゲティ・プロジェクト」(1998年)以来となる、エサ=ペッカ・サロネン指揮フィルハーモニア管弦楽団の登場です。

今回は、かねてよりサロネンが得意とする"現代の傑作とベートーヴェン"というコンセプトによるプログラム。2013年が生誕100年に当たり、自身作曲家でもあるサロネンが敬愛してやまないポーランドの作曲家ヴィトルド・ルトスワフスキ(1913-1994)晩年の名作《交響曲第4番》は、ロサンゼルス・フィルと録音も行ったサロネンにとって思い入れの強い作品です。一方のベートーヴェンは、ノルウェー出身の名ピアニスト、アンスネスとの《ピアノ協奏曲第4番》、そして躍動感に満ちた《交響曲第7番》という充実の選曲。

虚飾のないストレートな曲目で、サロネンらしい切れ味とともに円熟味も加わった演奏を楽しめることでしょう。

2013年2月22日[金]19:00 コンサートホール マルク・ミンコフスキ指揮
レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル - グルノーブル
(10/19[金]一般発売)

    • マルク・ミンコフスキ(指揮)
    • レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル - グルノーブル
    • シューベルト:交響曲第7番 ロ短調 D759「未完成」
    • モーツァルト:ミサ曲 ハ短調 K427
      (10名のヴォーカルアンサンブルとともに)
公演詳細情報へ
マルク・ミンコフスキ © PHILIPPE GONTIER/NAïVE

マルク・ミンコフスキ
© PHILIPPE GONTIER/NAïVE

2009年のベストコンサートに輝いたコンビが待望の再来日。

躍動感と色彩感あふれる解釈でバロックから古典派音楽における新時代のスペシャリストとして、ヨーロッパで一大旋風を巻き起こしているミンコフスキ。自ら創設した古楽オーケストラ「レ・ミュジシャン・ドゥ・ルーヴル-グルノーブル」とのコンビでの初来日公演(2009年11月・東京オペラシティ)でその実力を遺憾なく発揮し、『音楽の友』誌において2009年の年間ベストコンサートに選ばれたほか、日本ミュージック・ペンクラブ大賞も受賞するなど圧倒的な成功を収めました。待望の再来日は、最近集中して取り組んでいるシューベルトと、得意のモーツァルトを組み合わせた魅力的なプログラム。特にモーツァルト《ハ短調ミサ》は、彼らの声楽アンサンブルが共演することから、ふたたび大きな話題となること間違いありません。


ページトップ

東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール


閉じる