アートがあればWHY NOT LIVE FOR ART