projectN 06 :高橋信行 TAKAHASHI Nobuyuki

2001.4.4[水]― 6.17[日]



今回のproject Nでご紹介するのは、高橋信行(たかはし・のぶゆき/1968年生まれ)です。近年では芦屋市立美術博物館や水戸芸術館現代美術センターのクリテリオムなど、関東のみならず名古屋や京都でも紹介され、注目を集めている若手ペインターの一人です。

紅葉狩り
《紅葉狩り(大)》
油彩、キャンバス
116.7×80.3cm
2001
Photo by SAITO Arata

切り絵を思わせるコラージュ的な表現方法や、現代版浮世絵とでもいうような「間」をもった平面空間、また日本を強くイメージさせるモチーフによる画面構成は、これまでも高橋の作品を極めて簡潔に特徴づけてきました。
彼自身はモチーフとなる風景を描くため、実際に温泉に行くわけでも京都に出かけるわけでもなく、雑誌や図録といった既成のイメージを引用しています。風景写真のトレースと拡大を繰り返して画面を構成してゆく制作方法は、システマティックであると評されることもあるほどで、要素が整理された高橋の作品は、一見私たちを突き放し、画中に入り込む隙を与えないように見えます。
しかしながらそこで、寺社や灯篭、露天風呂といった、私たちの周囲にある「日本的」なイメージが、鑑賞のきっかけとして目を留める役割を果たしています。既成の日本的なイメージに眼を留める高橋は、意識的にせよ無意識的にせよ、鑑賞者と同じ立場において既視感を覚えるモチーフにごく自然に反応しているといえるでしょう。

展望露天風呂
《展望露天風呂》
油彩、キャンバス
130.3×97.0cm
2001
Photo by SAITO Arata


鑑賞者が高橋の作品に対して抱く既視感は、作品が衝撃的であるためというよりも、その表現されるモチーフや要素がしばしば繰り返されるためではないでしょうか。彼は、作品の元にしている写真のなかで描きたい要素は限られているといいます。多くの作品に共通しているのは、例えば遠くに見える山なみと手前にある温泉の壁、豊かに湧きあがる湯けむりなどによる遠近感のある構図、またそこに浮かび上がる光と影などがあげられるでしょう。写真に映っている他のものは最初のドローイングで排除されます。こうして取捨選択され、最小限に抽出された要素のみを表現した結果、類似した複数の作品が制作されているように見え、既視感を覚えることに繋がるのです。


あじさい
《あじさい》
アクリル絵具、ラッカースプレー、紙
54.6×72.0cm
2000
Photo by SAITO Arata

今回の展示では、作品と対面したときに実際にその場に立って景色を眺めるかのように、高さを微妙に調整しています。絵画という2次元のものに画中に入り込めそうな第3の視点を与えることで、鑑賞者は描かれた景色を擬似体験することになります。それは、もとの風景写真から高橋が想起した風景画への、視点の移行を追体験することでもあるのではないでしょうか。そこに高橋の主観と客観のバランスを見ることができます。


高橋信行 TAKAHASHI Nobuyuki
1968 神奈川県生まれ
1991 愛知県立芸術大学美術学部油画科卒業
現在、神奈川県在住

主な個展
1993 ラブコレクションギャラリー、名古屋
1995 J2ギャラリー、東京
ラブコレクションギャラリー、名古屋
なびす画廊、東京
1996 ギャラリーTAF、京都
1997 「新世代への視点'97 画廊からの発言」、なびす画廊、東京(カタログ)
ギャラリーTAF、京都
1998 ギャラリーTAF、京都
1999 白土舎、名古屋
なびす画廊、東京
「クリテリオム42」、水戸芸術館現代美術ギャラリー、水戸(リーフレ ット)
2000 「デラックス ツイン」、ギャラリーTAF、京都/白土舎 名古屋

主なグループ展
1998 「第15回平行芸術展」、小原流会館、東京
1999 「Green in Spirit(坂井淑恵・高橋信行二人展)」、芦屋市美術博物館、兵庫(カタログ)
2000 「VOCA展2000」、上野の森美術館、東京都(カタログ)
NCAF2000名古屋コンテンポラリー・アートフェア」、名古屋市民ギャ ラリー、名古屋
「a case あかい/しろい」、ギャラリーTAF、京都

参考文献
山本淳夫「内なる自然/虚構の日本」、『グリーン・イン・スピリット 坂井淑 恵/高橋信行』、
芦屋市立美術博物館、1999年、pp.4-8
逢坂恵理子「構成された絵 A Composed Picture」、『クリテリオム42 高橋信 行』、
水戸芸術館現代美術センター、1999年
李美那『VOCA展2000』、VOCA展実行委員会/(財)日本美術協会・上野の森美術 館、2000年、pp. 62-63
原久子「HOMO IN ART ART新人類 つくり直された日本的なるもの」、
『AERA』、 朝日新聞社、618号、1999年11月15日、p.85
「Artist at Studio」(インタヴュー)、『アクリラート』、ホルベイン工業 (株)、38号、
2000年4月1日、pp.1-3


インフォメーション
場所:東京オペラシティ アートギャラリー 4Fコリドール
期間:2001.4.4[水]― 6.17[日]
開館時間:12:00 ― 20:00(金・土は21:00まで、入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、年末年始、全館休館日

入場料:企画展「汚名─アルフレッド・ヒッチコックと現代美術」展、収蔵品展 007「形なき東洋─難波田龍起と韓国の抽象」の入場料に含まれます。

主催:(財)東京オペラシティ文化財団

お問い合わせ:東京オペラシティアートギャラリー Tel.03-5353-0756