アートギャラリー 2016年度展覧会ラインナップ

2016.04.16[土]- 07.10[日]

ライアン・マッギンレー BODY LOUD! ギャラリー 1&2

2003年に25歳という若さでホイットニー美術館で個展を開催したライアン・マッギンレー(1977- )は、多くの美術館に作品が所蔵され、今日「アメリカで最も重要な写真家」と高く評価されています。マッギンレーは、北米の田園風景、野外コンサート会場、あるいはスタジオのなかで、巧妙に光を操りながら場面を設定し、35ミリの粒子の粗いフィルムで、まるで映画を撮るかのように自らが作り出す「ハプニング」を撮影します。微細で洗練された色彩と構図の写真作品が表現する、自由で過激、そしてときに純粋なユートピアのような世界は、古き良きアメリカのイメージとも重なりながら、同時に、仮想と現実が混在する現代という時代の空気を読み取ることができます。日本の美術館では初となる個展として、作家自選の約40点でその全貌を紹介します。

ライアン・マッギンレー展

上:《Taylor (Black & Blue)》2012
Courtesy the artist and Tomio Koyama Gallery
下:《Mellow Meadow》2012
collection of Mr. Enomoto Koichi
© Ryan McGinley

収蔵品展 055
はなのなかへ ギャラリー 3&4

project N 64
タナカヤスオ 4Fコリドール

2016.09.17[土]- 11.23[水]

20世紀オランダの暮らしとアート
リートフェルト/ブルーナ/ADO(仮題)
ギャラリー 1&2

ヘリット・リートフェルト(1888-1964)とディック・ブルーナ(1927- )はオランダの都市ユトレヒトが生んだ20世紀のアート、デザインの巨人です。家具職人で建築家のリートフェルトは、《レッド・ブルー・チェア》(1918-23頃)などによって、純粋な色彩と幾何学的形態による極めて20世紀的な造形を他に先駆けて提示しました。同時に彼の作品は、手仕事的なぬくもりや真に豊かな暮らしへの洞察に満ちています。
ブルーナは、世界中で親しまれる「ミッフィー(うさこちゃん)」の作者として知られます。極限までそぎ落とされた造形要素によって多様な物語を紡ぎだすその手法には、リートフェルトからの影響が指摘されます。2人の仕事は、一見対照的に見えながら、普遍的で人間的な表現へのまなざしを共有しています。本展では、コー・フェルズー(1901-71)の指導のもと、リートフェルトの強い影響を受けて制作された、日本では初紹介の玩具シリーズ「ADO(アド)」も交えながら、オランダ・モダン・デザインの人間味溢れる魅力を紹介します。

ディック・ブルーナ『うさこちゃんと どうぶつえん』

上:
ヘリット・トーマス・リートフェルト《ビーチ・ワゴン》
1922-23年頃 セントラル・ミュージアム・ユトレヒト所蔵
Image & copyrights CMU/ Pictoright
© PICTORIGHT, Amsterdam & JASPAR, Tokyo, 2016
C0973

下:
ディック・ブルーナ『うさこちゃんと どうぶつえん』[初版、原画]
1955年出版、セントラル・ミュージアム・ユトレヒト所蔵
Illustrations Dick Bruna © copyright Mercis bv, 1953-2016 www.miffy.com

All rights reserved. The information and images (photos and illustrations) on this page are protected under copyright law and may not be copied or used in any way without the written approval of Mercis bv. Miffy is a registered Trademark.

収蔵品展 056
川口起美雄・野又穫(仮題) ギャラリー 3&4

project N 65
児玉麻緒 4Fコリドール

2016.12.10[土]- 2017.03.12[日]

画と機 山本耀司&朝倉優佳(仮題) ギャラリー 1&2

「画と機」の〈画〉は絵画、〈機〉は「はずみ」や「機会」「機織(服)」の意味です。この二文字は関係性を表すもので、つなげて「ガキ」という音の通り、世間が子どもへ向ける目への反抗や抵抗としての表現と捉えることもできるでしょう。誰もが子どもであった時期があり、誰もが子どもの頃の断片を持ち続けているはずです。絵画とファッション、二次元と三次元、男と女など、反発しながらも惹かれ合い、お互いに逃れられないような、創造の根源に触れる危険な関係を暴き出します。ファッションデザイナーとして知られる山本耀司と若手画家の朝倉優佳が、美術館の展示空間に向かい合う展覧会です。ファッションと絵画、その間を往還する創造の世界を表現します。

画と機 山本耀司&朝倉優佳

左:山本耀司
右:朝倉優佳がペイントしたドレス(ヨウジヤマモト 2016 S/S コレクションより)

収蔵品展 057
人のかたち2(仮題) ギャラリー 3&4

project N 66
村上 早 4Fコリドール

[メンテナンス休館のお知らせ]
アートギャラリーは、2016年7月11日[月]〜9月16日[金]までの約2ヶ月間、メンテナンスのため休館いたします。

TODAY'S ART GALLERY

  • 2016年5月27日[金]
    11:00 - 20:00(最終入館19:30)
東京オペラシティ アートギャラリー 公式FaceBook